農園概要

生産地について

生産地は新潟県でも日本海側に位置する「越後平野」となります。
「越後平野」は日本海側最大の広大な面積で、肥沃な土と、信濃川による豊富な水源で、農業に適しており、
私共の農園のある旧・中之口村(現・新潟市西蒲区)は稲作だけでなく、果樹栽培も盛んな地域です。
「コシヒカリ」はもちろんのこと、夏には極上の「桃」、秋には「和梨」、
そして12月には生産が難しく、幻の西洋梨と言われている「ルレクチェ」を出荷しており、
毎年多くの方に喜んで頂いてます。

h_about_img

農園指針

rihei_author01

家族経営の小さな農園ですが、一人一人のお客様に喜んで頂けるよう、丹精込めてつくっております。

そのお陰もあってか、インターネットサイト「コメリ産直市場」では5年連続年間リピート注文率第1位を頂きました。
至らぬ点もあるかとは思いますが、今後も、誠実・安心をお客様に感じて頂けるよう努めて参ります。

 

9代目へ一問一答

まずは自己PRから。
いつも笑顔を忘れずに! やはり仕事は楽しくやらなければ、作物も美味しくなりませんので。
好きな食べ物は何ですか?
やっぱ豚カツですね!!(力説)
越後もち豚なら、もっと最高!体力勝負の仕事なので、栄養をつける為だと言って、よくリクエストします(笑)。
農家歴を教えて下さい。
高校へ行きながら、17歳の頃からですので、かれこれ45年になります。(記事掲載当時)
農家になろうと決めた理由は何ですか?
代々300年程受け継がれていたのもありますが、自分自身も農作物を作るのが大好きでした。
栽培(運営)しているのはどなたですか?
総指揮は私ですが、家族3人で役割分担してやっています。
農作業で大変なことは何ですか?
春に田植え準備と、桃・梨の花粉付けが重なったり、夏には桃の収穫と稲の管理が重なる時期です。
天候により、忙しい時期が重なっても、農作物は待ってくれませんから。
農家で嬉しいことは何ですか?
やはり自分の作ったお米や果物をお客様が「美味しい」と言って下さる時は何よりも嬉しいです。
また、作物が自分の描いた通りに育ってくれると「よっしゃ!」と思います。
「これだけは譲れない」というこだわりを教えて下さい。
後悔だけはしないように。作物の身になって、今どうして欲しいんだろう?と考えながら育てることです。
最後に、あなたの味ファンのみなさんへ一言お願いします。
家族経営の小さな農園ですが、お客様に喜んで頂けるよう頑張っています。
至らない点はあろうかと思いますが、今後ともよろしくお願いします。

コメリ産直市場「匠に聞こう!第14回」インタビュー記事より

【おまけ】
そして、娘婿が10代目として継いで10年になります。全く違う分野から飛び込んできました。
どんなキッカケで、農家になろうと思ったのでしょうか。ついでに聞いてみました。

「お父さんの作ったお米、桃の味に感激したのがキッカケでした。最初にお米を頂いた時は、あまりにも美味しくて、特殊な釜なのかな?と炊飯ジャーを確認して(笑)。普通の安い炊飯ジャーでしたが(笑)。
それまではほとんど興味がなかったのに、じわじわと興味が湧き、最終的には結婚を機に、「私にも教えて下さい」と半ば弟子入り(?)状態でお願いしました。
一生かかっても超えられないと思いますが、少しでも近づけられるよう頑張っています。」

農園情報

販売業者五十嵐利兵衛農園
運営統括責任者五十嵐 洋
所在地〒950-1321 新潟県新潟市西蒲区針ヶ曽根142-47
FAX:.025-367-2759
留守電専用:025-367-2759
※個人経営農家の為、昼間は農作業、夜は遅くまで仕事に出ております。
大変恐縮ですが、お電話の対応は留守電のみとさせて頂いております。
ご注文やお問い合わせのご用件の録音があった場合は翌日以降かけ直します。
尚、セールス電話につきましてはご連絡は控えさせて頂きます。
また、所在地は観光農園ではございませんので、直接のご来訪はご遠慮ください。